HOME > 成年後見

成年後見制度について

成年後見制度には、「法廷後見と任意後見」の2つがあります。

【法廷後見】は「後見・保佐・補助」とあり、判断力が不十分になってしまった方の支援者を定めるものです。
相談者様からの相談に応じて家庭裁判所に当職が申立資料を作成して代理申請を行います。

【任意後見】は将来のために自分の判断力が不十分になった場合に、援助してくれる人や、補助内容を事前に定めておく制度です。
相談者様・補助者様と一緒に将来のために、「未来型・移行型・即効型」と契約で定めることができます。


※) ご本人・家族などの意思を尊重しつつ、適切な成年後見制度の選択をします。
※) 家庭裁判所や公証役場などへの手続きや申し立ては当職にお任せください。